自由になれる起業家の思考法

高校二年生起業家の思考法についてブログで書いていきたいなと思います

ツイッターアフィリエイトを初めて1ヶ月で感じたこと

お久しぶりです。

 

6月27日にとあるツイッターアフィリエイトをやるコミュニティに入り1ヶ月ちょっと作業してました。

 

そのコミュニティに入る入会費?が10万!

 

17歳からしてみれば10万はとても高いお金でした。

 

入るか入らないかとても悩みましたが、俺ならできる、という根拠のない自信が湧き、入会を決意しました。

 

自分では借りられないのでなんとか親を説得し出してもらいました。

 

f:id:zinken:20170804065451j:image

その10万がこの写真です。

 

モチベーションupとして利用してます笑

 

10万を振り込みいざコミュニティ入会。

 

まず自己紹介。

 

それからメンター(教えてくれる人)が自分が何をやるべきか教えてくれました。

 

1、ツイッターのアカウント30個作れ!

 

これ簡単そうに見えて大変な作業でした汗

 

あの時は精神的に疲れましたね。。。

 

5時間くらいパソコンの前にいたような気がします笑笑

 

その後にAPIというものを各アカウントごとに作るというもので、これも30個作るので疲れます笑

 

しかも、これは電話番号を使うので家族に頼んだり、友達に頼んだりでめんどくさかったですねー

 

 これを3日くらいで終わらし、次はアカウント作り。

 

画像、プロフィールを編集することですね。

 

またこれも各アカウントごとに作るのでほんとしんどい笑笑

 

書きたいことがまだあるのですが今回はここまで

 

ツイッターアフィリエイトもそうだけどネットビジネスは思ってるほど楽じゃないね。

肉体労働始めました。三日経験した感想

突然ですが、

 

三日前にバイトを始めました。

 

理由はどういうものか味わいたいからです。

 

どういうバイトをしたのかというと、漁業関係です。

 

漁業と言えばキツイと思うかもしれません。

 

実際は…

 

キツイですw

 

正直やってられないですww

 

さっさと辞めたい気持ちでいっぱいですwww

 

初日からきつく、中腰で作業するので背中と腰が痛かったです。

 

なぜこんなきついバイトをしようと思ったのか。

 

実はもう一つ理由があるのです。

 

それは労働に対する嫌い度を高めるためです。

 

インターネットビジネスをやってる人なら分かると思いますが、一ヶ月、二ヶ月やってても稼げない、ほとんど稼げない人はどういう思考に陥るかというと、自分には才能が無いからダメなんじゃないのか。とか、普通に働いたら良いのではないか。などと余計な事を考えてしまうのです。

 

自分もそうでした。

 

なのでこのバイトをすることによってインターネットビジネスに対する熱意を冷めさせないという目的があるのです。

 

この手法はまだインターネットビジネスの初期段階で諦めかけてる人はおすすめかなと思います。

 

もうこんな労働はしたくない!と心から思えるはずですw

 

 

 

ソフィーのアトリエめっちゃ面白くて五日でトロコンした。

ソフィーのアトリエというゲームがps4のフリープレイにあったので、ダウンロードしたっきり放置したまんまでした。

しかし7月3日、こんなゲームがあったなと思い、どういうものかプレイしてみました。

ニューゲームを押した瞬間からストーリーが始まり、物語の主人公ソフィーの第一印象がめっちゃでかい声でしゃべってて元気な女の子だなーと思い、進めていく。

ソフィーの友人モニカがアトリエに訪ねてきて薬を作ってほしいと頼まれる。
ここで初めての錬金をする。

「錬金」

と聞いて複雑そうだなと感じるかもしれないが、その通り最初はだれでもわけわかめ状態に陥ると思う。

最初は4×4のマスに色がついた丸の塊を配置していくのだがどういうシステムになってるのかわからない。

システムがわからず適当に配置して作ってみるも納得できずにいた。

その後も錬金する場面はあったがやはり納得できずにいた。

チュートリアルを受けても攻略サイトをみてもやっぱりわからない。しかしシステムがわからずともなんとか成功してくれるのがこのゲームの親切心が垣間見えた。

攻略サイトを見ていて、次に苦戦したのは特性の部分だ。

クラフトという攻撃アイテムに一撃必殺の特性をつけたいのだがこれを理解するのに苦戦する。あとから考えると非常に単純なのだが。とにかく採取して調合すればオッケーということに気が付きやってみた。

するとこの作業がとてつもなく楽しかった。
どんどん特性についての理解が深まっていき、材料と材料の組み合わせを考えることが時間はかかるが楽しかった。まるで自分が錬金術師にでもなっているような気分になった。

そして一撃必殺の特性をクラフトにつけ戦闘が楽になった。

一撃必殺だけで攻略できるんじゃねと思った。

しかしそれは間違いでボスには効かないので返り討ちにあってしまった。

今度はボスの対策を考える。
これもまた楽しかった。

新たな装備品を作ったり、強化したり、特性をつけてみたりやったおかげでボスを攻略できた。

これでまた安心するがまだ終わらない。

さらに強いボスが出てきて、また対策を調べる。
それでも倒せない、自分で考える。そして倒す。

この一連の流れが楽しい。強いボスを倒したときには達成感を覚えた。

そしてこのゲームのさらに魅力的なところは一人一人のキャラの濃
コルネリアというキャラクターがいる(通称コルちゃん)

このキャラクターがとてつもなくかわいい。身長がメンバーの中で一番低く特徴的な声と言葉遣い。かわいいだけじゃなく自分の仕事もしっかりこなしていく。このゲームでは一番お世話になるであろうキャラだ。

そしてかわいいキャラだけでなくかっこいいキャラもいる。
イチオシはハロル。

彼は時計屋の店主をやっていながら最初は銃づくりに没頭していた。
時計なんか作りたくもないと言っていた彼にソフィーが時計で使うようなあるねじまきを作ってほしいというイベントがあった。彼は一回目は断った。作りたくないという気持ちが強かったのだろう。しかし、ソフィーはあきらめきれずハロルにお願いをした。ソフィーは「ハロルさんしか頼れる人がいないんだよ」といい、ハロルを説得した。結果ハロルは承諾した。

それからハロルは時計の修理に励んだ。ソフィーは不思議に思い聞いてみると、あの時頼りにされたのがうれしかったんだと言い、素直になっていくハロルをみてええなぁと一人にやにやしたのを覚えてる。

もっと詳しく語りたいのだが、詳細は実際にプレイして味わってほしい。

ブログ主はこの作品をプラチナをとるまでやったのだがまだこれではやりこみが足りない、不完全燃焼だ。と思ったのでまだやりこんでいく。

プラチナをとったのにまだやりたいと思えるゲームは少ない。

このゲームはそのくらい面白かった。
ダウンロードしたっきりの人はぜひプレイしてほしい。
ダウンロードすらしていないならぜひ買ってみてプレイしてほしい。

そのくらい人に勧めることができるゲーム

龍が如く0を二日でストーリークリア、一日でレジェンドを攻略した理由

注意、この記事は龍が如く0のネタバレを含んでいます。

 

 

 

 

PS4龍が如く0が急にほしくなりゲオで買いました。

 

すぐに家に帰り、ストーリーを進め二日でクリアしてしまいました。

 

その時にかかった時間は三十時間。

 

二日分を龍が如くの世界観に浸っていたことになりますねw

 

トーリーは良いのですが、争っている理由が一坪の土地というのがなんともばからしいといいますか…w

 

一坪の土地のために人ってここまで動けるんだなあって思いました。

 

結局なぜ桐生に濡れ衣を着せたんですかね?

 

そこがよくわからないところで、少し考察したいところですが

 

真犯人は老鬼で、そいつが堂島宗兵についているんだから、堂島はあの土地をてにいれたいんだからあそこで騒ぎを起こす必要はなかったんじゃ?…

 

あと嶋野ってまじで頭がいいですねw

 

真島はこうやるだろうと確信したのかな?

 

それにしてもなぜマキムラマコトを殺せって最初に言ったんだろう?

 

目的は生け捕りなのになぜそんな命令をしたのか本当に謎ですね。

 

風間も桐生の予想について天才ですし。

 

上の人たちがめっちゃ人間観察力があるんですよね。

 

自分も久々にこれだけはまるゲームを見つけた気がします。

 

クリア直後にレジェンドをやってみようと思い、すぐに二週目、最初の久瀬に苦戦しビリヤードで金稼ぎ。

 

能力を強化しあとは特に苦戦するところはなかったですね。

 

難関といわれている車で逃げるところもあっさりクリアできました。

 

レジェンドにかかった時間は十時間。

 

前回の三分の一で済みました。

 

案外難しくはなかったですw

 

本題に移りますが何事にもはまるという行為は無限の力を持ってます。

 

自分もゲームにはまったことが何回もあります。

 

フォールアウト4というゲームがあるのですがそれは買って一週間でプラチナトロフィーを獲得しました。

 

はまるってことは没頭ですね。

 

この没頭は人生を豊かにしてくれるものです。

 

あなたもなにか没頭できるものをさがしてみてはいかがでしょうか。

 

きっとあなたの人生はもっと豊かになると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

時間は有限、お金は無限!

時間とはどこまでも有限なものです。

 

そして今この瞬間にも時間は使われて寿命に近づいていきます。

 

しかし今の世の中この人が持つ時間という本当の価値を見出せていないと感じています。

 

この有限な時間の使い方で人の人生は決まるといっていいでしょう。

 

しかし、多くの人は時間の使い方というのがへたくそなのです。

 

特に日本人。

 

自分のための時間というのが少なく、ほとんどが他人に時間を費やしてお金を得て満足しています。

 

お金を稼ぐのが目的で生きている、お金に支配されている人が多すぎる気がします。

 

そういう人生はさみしいと思います。

 

所詮お金というのは人生を楽にさせてくれるツールの一つでしかないのです。

 

お金は稼ごうと思えばいくらでも稼げるのです。(会社に属さない限りは)

 

しかし、時間、人生は有限です。

 

過ぎ去った時間は二度と取り戻せません。

 

人間の命というのは案外短いものです。

 

その短い人生をどこかの会社にささげたいですか?

 

僕は絶対に嫌です。

 

せっかく生まれたんだから、自由奔放な生き方をしてからしにたいです。

 

会社にいたら、ワクワクドキドキする語れるストーリーなんて来ないですよね?

 

毎日同じルーチンワークで退屈な日々、時間が来るのを待っている。

 

こんな気持ちじゃ人生はつまらないですよね?

 

こうならないために全員が起業すれば全員が幸せになれるんじゃないのかな。

 

そうすれば個人同士で仕事を組み、しかしそれは自分から起業したのでみんないきいきして仕事に取り組める。

 

そんな世界が来たら楽しいと思いませんか?

 

絶対に楽しいと思います。

 

過労死がなくなり、自殺も減り、

さらには仕事に対するマイナスのイメージがなくなり、逆に仕事に対するプラスのイメージが出てきて。経済は活発になり、こどもも将来の希望が見えるようになると思います。

 

今の日本の教育って世界から見ても古いんですよね....

 

自分が文部省のトップに立って一回学校の教育制度をぶっ壊してやりたいです(笑)

 

今の日本の教育ってまだ従順な国民を育てる教育だから、クリエイティブな発想ができる人を育てるのがいまの学校の役割だと思うのに....

 

要するに

 

みんな起業しよう

 

 

 

 

学校でお金の稼ぎ方を教えて貰えない理由

なぜ殆どの人が学校にお金を払っているのに学校ではお金の稼ぎ方を教えないのか。

 

まず学校の先生という人ほとんどがお金の稼ぎ方を知りません。 

 

小中高大と学校に通い、先生になったごく普通の人間です。

 

お金は稼ぐことではなく貰うことしか知らないのです。

 

しかし、お金を稼ぐことしらなければこれからの世の中一人で生きていけないのです。

 

お金がなければ衣食住が安定できないのです。

(友達やら家族に頼ることも出来ますが…)

 

皆さんはお金の稼ぎ方を知っていますか?

 

大抵の人はアルバイトや会社の給料がお金の稼ぎ方だと思っているでしょう。

 

しかし、この稼ぎ方しか知らなければあなたは社会に自分自身を喰われてしまいます。

 

なぜならこの稼ぎ方というのは時間を出してその対価としてお金を貰っているからです。

 

時間というのはなによりも有限で何にも代用できないものです。

 

その時間を差し出してお金を稼ぐ方法しか知らないというのはとても悲しいことです。

 

しかしある立場からの人からしたらこの稼ぎ方をみんなにやらせたほうがお得な立場があります。

 

それは会社の社長、経営者の立場の人です。

 

実は学校というのはこの経営者の人たちに人材を納品するためにある存在なのです。

 

学校できまりごとを守らせて、時間を守らせて、時間になったら帰らせる。

 

そしてこの「習慣」を身につけさせ会社で同じように働いてもらう。

 

これって超恐ろしい事だと思いませんか?

 

つまり学校の成績、学歴とかは、全て会社で使えそうな奴かどうかなのです。

 

成績が良かったら学校の理不尽なテスト、教育に耐えてきた証拠なので、それだけ会社でもこき使える人材だなと思って会社に雇います。

 

そして定年まで雇われて退職した後は老いた後なので、特になにもすることがなく死んでいく。

 

あなたはこういう人になりたいですか?

 

自分は絶対になりたくないです。

 

自由奔放に生きたいです。

 

 

話を戻しますがなぜ学校でお金の稼ぎ方を教えて貰えない理由についてですが。

 

上記のような人を大量生産したほうが社会にとって良いと思われているからなのです。

 

社会の都合上そうなっているのです。

 

お金の稼ぎ方というのは自分から調べて行動しなければ絶対に社会に搾取されてしまいます。

 

 

 

「型」にはまった生き方では幸せになれない!

こんにちはzinkenです。

 

今回は幸せになるヒントみたいなのをかいていきたいなと思います。

 

あなたの幸せとは何かをかんがえてみてください。

 

 

自分の趣味を続けたり、大好きな人と一緒にいるとかいろいろな幸せがあると思います。

 

自分は高校生で学校に通っていますがしばしば疑問に思うことがあります。

 

僕の友達に作曲家になりたいという人がいます。

 

大変すばらしい夢を持っているなと思い尊敬しています。

 

ですがもう作曲家になりたいという夢があるのになぜ高校に通っているのだろうと本当に思います。

 

そういう夢があるならさっさと高校を辞めて作曲家になる勉強をすればいいのです。

 

別に大学に行かなくても作曲家にはなれるでしょう。

 

インターネットを利用すればいくらでも知識を身につけれます。

センスの問題ですから。

 

 

 

 

学校というのは、政府が用意した従順な国民を育てるための洗脳機関にすぎないのです。

 

従順な国民の行き着く先には会社員とかバイト、それか就職できずに派遣社員などほとんどの人は会社に、組織にぶら下がることしかできないのです。

 

今の日本の教育が起業家を生まれにくくしていることをご存知でしょうか?

 

日本の教育では優秀で従順な国民を育てるという目的があります。

 

友達を作らせ、協調性を重んじさせ、集団行動を学ばせる。

 

仲間外れにされたくないからみんながみんな同じことをやる。

 

大半の保護者が子供にそうさせているので、そうさせられているこどもはあまり深くは考えないのでなかなか気づかないのです。

 

起業家の一歩目というのはみんなと違うことをすることから始まるのです。

 

みんなと同じようにするだけでは起業家が生まれるはずがないのです。

 

さらに義務教育では、あたえられたことができるように教育されます。

 

テスト、宿題とかですね。

 

従順な国民を育てるために与えられた仕事をしっかりこなせるようにさせるようにしなければいけませんよね。

 

義務教育ではこの工場、会社で働いてくれる、働き手を生み出す教育がされているのです。

 

しかし、僕はこの従順な国民を育てる教育は時代遅であるとかんじています。

 

将来工場、会社で単純作業の役割というのはすべてロボットに任せられる時代が来ます。

 

ソースはこちら

tabi-labo.com

 

失業といっていますがこの単純作業がなくなるというのはいいことだと僕は思います。

 

僕は皿洗いが嫌いです。

 

手が汚れるからですw

 

この皿洗いがもしロボットに任せられるようになったら素晴らしいことだと思いませんか?

 

自分はすごく思います。

 

そのかわり単純作業の代わりに人間が創造的な仕事をする。

 

これはロボットではできないことですよね。

 

例えば起業。

 

これは人間にしかできないことですよね。

 

商品の開発とかとくにそうですね。

 

研究者もそうですよね。

 

新しい技術を開発してくれれば世界に貢献できますよね。

 

海外ではそういう世界に価値を与えるという教育がされているのに、日本はそういった教育というのは遅れています。

 

原因はいろいろなことが考えられます。

 

その中の第一は日本の義務教育にあると思います。

今の日本のこどもにひつようなことは学校以外のことだと思います。

 

自分の好きなことをやってみてもいいし、自分が興味を持っていることに挑戦してもいい。

 

とにかくこれからの時代というのは「型」にはまらなくてもよい時代になると思います。

 

いやいやサラリーマンにならなくても、生活保護に頼って自分の好きなことをやるほうがよっぽど幸せになれると思います。

 

素直に生きよう。